SONY α7IVとα7III、CANON EOS R6を比較

ついにSONYからミラーレス一眼カメラα7IVが海外で発表されましたね。

α7IIIがとてもバランスが良く評価も高かったので、その後継機となるα7IVは注目が高いです。

α7IIIの発売から3年以上経っているので待ち望んでいた人も多いのではないでしょうか。僕もその一人です。

ミラーレス一眼カメラを始めてみようという方、または買い替えを検討されている方の参考になればと思います。

SONYからミラーレス一眼カメラ α7IV が発売されたけど、これって買い?
SONY α7III とCanon EOS R6 とどう違うの?
フルサイズミラーレス一眼カメラのスタンダード機はどれがおすすめ?

という疑問を解決します。

 

 

☑️本記事の内容

一眼ミラーレスカメラの購入検討において
「SONY αIV」「SONY αIII」「Canon EOS R6」との性能差を比較しています。

各項目ごとに特徴やおすすめできるポイントをあげていますので参考にして頂けたらと思います。

 

 

☑️本記事の信頼性

一眼カメラのユーザー歴は10年以上でカメラ好きで
以前はCANONマウントの使用経験もあり、以下機材を所有しておりました。

EOS 50Dと7D
EF24-105mm F4L is USM
EF100mm 2.8L is USM
EF85mm F1.8 USM
EF-S 55-250mm is USM
sigma 30mm F1.4 EX DC HSM

現在はSONY α7RIIIとGMレンズを使用しておりそろそろ買い替えを検討しています。

 

 

☑️まえがき

ついにSONYから待望のフルサイズのスタンダード機 α7IV が発表されましたね。

海外での発表ですが、いづれ日本でも発売されると思いますので購入検討をしています。

「SONY α7III」からの買い替えを検討されてい検討される方も多いのではないでしょうか。

また始めてミラーレス一眼カメラを始めてみようと考えている方は「Canon EOS R6」と迷っている方も多いかと思います。

簡単に買い替えできる価格帯ではないので後悔しないようにじっくり比較検討していきましょう。

それぞれの機種はどんな人におすすめできるかも書いていますが、カメラ好き1ユーザーの意見として参考にして下さい。

 

ではいってみましょう。

 

スペック比較

まず重要なのはスペックですので基本性能を比較していきます。

 

機種名α7IV (SONY)α7III (SONY)EOS R6 (CANON)
外観131.3mm
96.4mm
79.8mm
126.9mm
95.6mm
73.7mm
138.4mm
97.5mm
88.4mm
画素数有効約3270万約2420万約2010万
高感度性能ISO
100〜51200
ISO
100〜51200
ISO
100〜102400
オートフォーカス
性能
759点
EV-4〜20
693点
EV-3〜20
6072点
EV-6.5〜20
連写性能10コマ/秒10コマ/秒メカ:12コマ/秒
電子:20コマ/秒
動画性能8K:不可
4K:60fps
8K:不可
4K:30fps
8K:不可
4K:60fps
EVF369万236万369万
背面液晶バリアングル
104万
チルト
92.16万
バリアングル
162万
撮影可能枚数520枚610枚360枚
動画撮影可能時間約2時間55分
約3時間10約1時間20分
※熱問題有
メモリスロットCFexpress Type A+SD
SD(UHS-II対応)
SDx2
(UHS-II対応)
※1スロットのみ
SDx2
(UHS-II対応)
価格約33万約20万約30万

※価格は2021年12月4日時点での販売価格(参考・予想)となります。

 

外観

SONY α7IV

α7IV正面

 

SONY α7III より少しだけ大きくなっていますが、ほぼ同等ですのでコンパクトですね。

α7IV背面

 

デザインもほぼ同じですが、ボタンやダイヤルが少し大きくなって操作しやすくなっています。

α7IV上面

 

SONY αシリーズはスタイリッシュなデザインなので CANON EOS R6 よりも個人的には好みのデザインになります。

 

 

有効画素数

CMOS Sensor

ファイルサイズ的に扱いやすいサイズは3000万画素〜4000万画素ぐらいと思っているのでちょうどいい感じです。

α7III の2420万画素から3270万画素へとアップされていますので正当進化ではないでしょうか。

写真メインの仕様であれば EOS R6 では少し物足りないかもしれませんね。

高画素を求めるのであればSONY α7IV一択ですが。

 

 

高感度性能

高感度性能は高ければ高いに越したことはないですが、やはり有効画素数との兼ね合いとなります。

有効画素数を低くして高感度性能をアップさせる機能があれば最高なんですけどね。

高感度性能を重視するのであればCANON EOS R6 となります。

Canon EOS R5 & R6 購入検討【SONY α7ユーザーからの目線で】

 

オートフォーカス性能

AFポイントはCANON EOS R6 が一番が高いですが α7III でも十分です。

EV値は -6.5 のCANON EOS R6 が暗闇でのAF性能が高いです。

AF速度と精度はα7III から進化しているのでとても楽しみなところではありあす。

オートフォーカス速度は実際に触ってみないとなんとも言えないですので実機の確認をおすすめします。

 

 

連写性能

スポーツ撮影をメインで使用される方は重要だと思いますので CANON EOS R6になるのではないでしょうか。

普段使いでは10枚/秒もあれば十分だと思いますが、使用用途によりますね。

 

 

EVF

α7IV は369万ドットとなり、α7III の235万ドットでは少し物足りなかったので嬉し進化です。

被写体が綺麗に見えるほど撮影のテンションが上がりますので大事な部分です。

 

 

背面液晶

動画撮影などにおいて自撮りする方はバリアングルは便利ですからα7IVかCANON EOS R6になるでしょう。

自撮りしない方はチルト式の方がアクションが少ないので便利です。

バリアングルの開いて回転って結構めんどくさいんですよね。

 

 

撮影可能枚数

実際の撮影においてはもう少し撮影可能枚数が多いと思いますが、CANON EOS R6の撮影可能枚数であれば予備バッテリーは必須ですね。

撮影の重要度によりますが、予備バッテリーがあった方が安心はできます。

動画を撮られる方は予備バッテリーは必須ですね。

 

 

メモリスロット

α7IVメモリスロット

どの機種もSDx2ですので問題ないと思います。

カードリーダーの考慮も必要ですのでここは合わせて欲しかったですね。

 

 

価格

旧機種となるので総合スペックは一番低いですが、SONY α7IIIが一番安いです。

これから始める方で予算を抑えたい方はボディーをα7IIIとしてレンズに投資する方がいいかと思います。

差額の13万をGMレンズの購入に当てた方が満足度は高いです。

比較機種は異なりますが、実際に僕はα7RIIIとα7RIVを比較してα7RIIIを購入しました。

今更ながら α7RIV と比較して α7RIII を購入した理由

 

まとめ

α7IV外観

SONY α7IIIからは正当進化しているなといったところです。

良く言えばスタンダード機としてうまくまとまっているなという感じ、悪く言えば中途半端といったところでしょうか。

解像度重視であればα7RIV、動画メインであればα7SIII、スポーツメインであればα9II、全てを満足するのであればα1となります。

 

スタンダード機として購入し、撮影スタイルが確立してから買い換えるのもありだと思います。

個人的にはスタンダード気にしては高すぎるので、安くなったα7III + GMレンズがおすすめとなります。

FE24mmF1.4 GM SEL24F1.4GM レビュー(作例有)

 

今回は以上になります。

最後まで読んで頂きましてありがとうございました。

SONY α7IV
最新情報をチェックしよう!